スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥日光冒険部~芦沢上流探検

4月。奥日光はまだ雪がたくさんあって、冒険には不向きなので、本日はいろは坂の下に出張です。新部員2頭をクマ除けに引き連れて、(新部員がいる時はひと気のないところではなくてはならないので)寂光の滝の上流、地図には道など記されていない、ディープな日光を探しに行きました。
まずは寂光の滝からスタートです。
asgisawa 210
寂光の滝からは女峰山の登山道とは別れて、芦沢という沢から離れずにひたすら上流を目指します。上流に向かって右岸にはなんとなく踏み跡がついています。
天気も良く、早春の暖かな風が気持ちよくて、澄んだ芦沢の流れは思った以上に穏やかで、犬たちは川を渡渉して、行ったり来たり。ここは本当に素敵な場所です。
asgisawa 220
誰がつけたのか、所々に赤テープやピンクリボンがありますが、本当に時々なので、あくまでも踏み跡重視で。
asgisawa 224
寂光の滝から約1時間30分くらい、小さな滝を楽しみながら歩いていくと、最後に美しい滑滝が現れます。asgisawa 232
asgisawa 234
そこで沢は終わり、なんと源流の湿地帯が目の前に現れました。どこから水が来ているのかと思うほど、豊かな水があたりを満たしています。
asgisawa 236
この湿地から北側に目星をつけ、斜面を登ること15分。私が以前から行きたかった高さ40m、幅70m(私の見た感じ)の巨大な聖天岩です。この岩の下の祠に仏様が安置されているというので、古道ファンとしては是非、行きたかった次第です。
asgisawa 238
いくつかの祠の中の一つに仏様がいらっしゃいました。昔はもっとたくさんの石仏があったのでしょう。
asgisawa 243
とても穏やかに静かに鎮座していらっしゃいました。
祠の中にガラスの壺のようなものがいっぱいあります。
少し中まで入ってみると、なんと、たくさんの氷旬が!わずかに差し込む光を受けて、透明な輝きを放っています。
外は10度以上はあると思われるのに、不思議なことです。まるで仏様の後光のよう。
asgisawa 242
来てよかったなぁ。何か心がきれいになったような、そんなショートトリップでした。
新部員たちも大はしゃぎで満足したようです。
asgisawa 250
山慣れした方には、危ないところもないし、沢から離れなければ道迷いもないので、比較的お勧めコースです。
私たちは長靴で行きましたけど、川の渡渉はありません。穏やかな明るい沢です。
水の音と、鳥のさえずりしか聞こえない、素敵な聖地でした。
スポンサーサイト

冬のお散歩

18日は風がなく、日本海側もいい天気ということで、お客様がチェックアウトした後、日光の山内(行者堂)から女峰山に少しだけ登ってみました。時間が遅いので、行けるところまでです。
IMG_2541.jpg
こちらが行者堂。
お参りしてから出かけましょう。
スギ林の中を登っていくと、やがて林道にぶつかり、
IMG_2555.jpg
これは帰る方を指していますが、日光というのがなにかざっくりしていていいですよね。
さらに林の中を急登すると、平らな笹原に出ます。
IMG_2550.jpg
ここに「殺生禁断境石」という巨大な石碑があるのですが、どうやって持ってきたのかと思う大きさ!
下にお供えしてあるお札と比べると大きさがわかるかと・・
ここから先は御神域なので、動物とっちゃダメということね。
えぐれた笹原の道を進むと、この辺から雪が多くなり、歩きずらいです。
雪の上に比較的新しい足跡がいくつかあります。
結構山に入っているんですね。
IMG_2553.jpg
女峰がきれいに見えたら引きかえそうということで、本日はここが折り返し。
IMG_2551.jpg
人とも会わず、熊もお休み中で、気持ちのいいお散歩でした。
おまけ。
IMG_2556.jpg
巨木もたくさんありますよ。下にいるのは妹。

奥日光冒険部(番外編)

スタッフO・Gです。
今回は、奥日光冒険部の番外編です。

11月某日、埼玉県の日和田山に行ってきました
今回は「岩登り」に挑戦しました!!

001_20141119201554276.jpg
最寄の「高麗駅」前で、野望に燃える部長です。
実は、部長は去年から岩登りを始めて、今回4回目の日和田山です。
(ボルダリングジムにも行っているようです!)

002_201411192015572ac.jpg
道具類やロープを担いで、いざ「岩」へ!!

004_20141119201559cee.jpg
準備中の部長。

003_20141119201558d8d.jpg

008_20141119201622fd2.jpg
こんな感じの岩に登ります。
どうやら、初心者でも登れるルートから、大層難しいルートまであるようです。

講習が始まると、無我夢中でを撮る余裕がなくなってしまいました・・・
で、岩にとり付く部長の勇姿をお見せできませんでした・・

006_2014111920160081d.jpg
というわけで、辺りが暗くなり疲れてきた部長です。


「日光四十八滝めぐり」をするには、岩登りの技術を必要とするところがあるらしい!?ということで
「岩登り教室」に参加してみましたが・・・

もの凄く面白かったのです!!
これは・・はまりそうかも・・・
ただ・・次の日、腕にかなりキテしまいました。

次回(すでに行く気満々です)は、部長の勇姿をにおさめてきたいきたいと思います

そして「日光四十八滝めぐり」は、さらなる高み?を目指せる日は来るのか!??





奥日光冒険部(赤岩滝編)

スタッフO・Gです。

10月27日に、赤岩滝に行ってきました。
奥日光冒険部の「四十八滝めぐり」第七弾?です。

3ヶ月ぶりの冒険部です・・・
(じつは、9月に奥日光冒険部、長期?遠征番外編はあったんですが・・)

今回は、午前10時30分に紫雲荘を出発しました。
赤沼の駐車場の車を停めて「低公害バス」に乗ります。

で、「西ノ湖入口」に向かいます。

001.jpg

バスの窓からの小田代原です。

赤岩 012


バスを降りると、この景色!!
もう紅葉は終わってると思っていたので、感動です

003_20141028220221535.jpg

間もなく、「赤岩滝」と「西ノ湖」の分岐にでます。

赤岩 014

その先はこんな感じの、とても歩きやすい林道です。

004.jpg
006_201410282202242fd.jpg

こんな風に、林道沿いに堤防があります。
(たぶん、全部で8個あると思います。)

009_201410282202264a8.jpg

黄色い落ち葉と、部長の黄色いリック

011.jpg

今回の第1回徒渉地点。
(画像が小さくて分かりずらいですが、目印の黄色の丸が付いています)

赤岩 019
赤岩 020

で、しばらく歩くと、いよいよナメ滝に出会います

015_20141028220342917.jpg

途中一か所、下りの道にトラロープがありました。

018_20141028220345051.jpg

何か所かの徒渉地点を通過し、トラロープのに助けられたりしつつ辿りついた先に!!
奥日光、有数の高さと美しさを誇る!!
「赤岩滝」が現れます

O・Gは長靴を履いて行ったので、滝壺近くまで行ってみましたが・・・
恒例の水飛沫は、あんまりかからなくて残念でした

「西ノ湖入口」から「赤岩滝」までの道は、かなりの数の目印とケルンがあります。
渡渉地点も、わかりやすく目印があります。
どうしてこんなに!?っていうぐらいあります。

道も林道が中心で、最後に少しキツイ登りがあるかな?という感じです。
ある程度の山歩きをされる方なら、お勧めできるコースだと思いました。
(ガイドブックなどでは、往復4時間程度だそうです。)

ただし、沢の水は時期によっては凄く増水しますし・・・
山の天気は気まぐれですので、目印がわからないぐらいの霧が出ることもあるだろうし・・・
人によっては、思った以上に時間がかかることもあるだろうし・・・
というところでしょうか?

「冒険部」的には、滝めぐり史上1番「安全部」な感じでした。
たまには、こんなのもイイかなと思います

最後に、大感動の奥日光の紅葉を何枚か・・

赤岩 029

赤岩 034

赤岩 037

見慣れた気分でいた紅葉も、こんなにも綺麗なものなんだと改めて感じた半日?でした。

で、その次の日の紫雲荘の裏庭がこちら・・・

026_201410282213206bc.jpg

10月28日初雪が降りました・・・
いよいよ、奥日光に長ーい冬がやってきそうです。

相生滝

冒険部部長の女将です。
私のパソコンのHDDが半年間に2回壊れるという悲劇に襲われました。
関東地方が梅雨入りした日の朝が、冒険部の始まりだったのですが、
文章を書き、写真をSDから消去した日にHDDが崩壊!
そのため、記念すべき第一回の滝探検が、ビジターセンターのO氏に写真を借りて、
やっと今頃のUPになりました。なので、写真の時期はたぶん5月。
私たちの行ったのが6月の2週目くらいなので、もう少し緑が濃くなっていました。

私とO.G.は朝早くに「相生滝」に到着するため、寂光の滝方面に出発です。
寂光の滝の駐車場に行く道の手前に相生滝の沢に入る林道入り口があります。
こんなところです。
oze 038
路駐をして出発です。
林道を歩くこと15分、そこから沢に下ります。所々、渡渉点にピンクのリボンがあります。
川底の石が少し滑りますが、それほど苦労せずに7,8分歩くとまず手前に相生滝 雌滝が見えてきました。
IMGP3048.jpg
一枚岩を優雅に流れ落ちる有様は、まさに雌滝といった感じ。そして奥から水の落ちる音が大きく聞こえてきます。
奥には雄滝が豪快に水を落としています。
IMGP3070.jpg
高さは約20M.。流れ落ちる水の白と、周りの緑、苔の深い色とのコントラストが本当にきれいです。
鳥の声と水音しか聞こえず、山深いところにいる自分が何だか不思議な感じです。
IMGP3100.jpg
この写真ですと、下に人が寝そべっているので、滝の大きさがわかるかしら?
また一つ、日光の宝物を見つけた冒険部でした。


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。