FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再び見ごろ?

毎週のように台風がやってきて、奥日光が一番の賑わいを見せるこの時期に、紫雲荘はちょっと暇をしています。
大型で強風が吹き荒れた台風26号が通り過ぎた後、紅葉した葉が落葉してしまい、おまけに冬型気圧配置で山の上は雪!今年はこれで終わりかとガッカリしてしまいました。
台風後 006
17日の朝です。寒~い。

そして2,3日が過ぎたら、我が家の裏山が何か眩しい?
なんと、木々が鮮やかに紅葉しているではありませんか!
台風の前より鮮やかだ!
台風後 012
赤や黄色の色が例年になくきれいで、湯元周辺は2度目の見ごろを迎えました。
お客さまも、とてもきれいと褒めてくれます。
こんなこと珍しいですよね。
週末の台風の後も、また見ごろになるのかしら?
それにしても今頃まできれいな紅葉が見られるなんて、台風でキャンセルが出まくりですけど、
ま、良しとしなくてはね。女将
台風後 007

スポンサーサイト

多言語が飛び交う紫雲荘

ニイハオ!スタッフYです。前の記事を読まれたかたはお気づきかと思いますが、紫雲荘に台湾から来た新しいスタッフCさんが加わりました。日本語を勉強してまだ1年ということですが、とても上手に話します。紫雲荘には日本人の次に多く宿泊されるのは台湾のお客様なので、スタッフとして来てくれて非常に助かっています。

そんな中、いつしかスタッフの間で「せめて館内で使えるフレーズだけでも知りたい」と思うようになり、まず最初に教えてもらったのは「請等一下(少々お待ちください)」でした。これは便利!何か聞かれても「少々お待ち下さい」と言って言葉の分かるCさんに代わればいいのですから(笑)

そうして1日1語のペースで言葉を教わり、厨房のホワイトボードの周りに貼って食事や作業しながらみんなで「請等一下(チンドンイーシャ)」とか言ってる光景は、はたから見てると滑稽に思うことでしょう。紫雲荘にお越しになられた際、厨房から変な言葉が聞こえてくるかもしれませんが、お気になさらず。そして・・・決して覗かないで下さい。。。

ではまた♪
謝謝
1310221.jpg

湯元溫泉源の散策

スタッフのCです!

Along the path just right next to Shiun-so, is the way to the
source of spring water of the Yumoto Onsen. After the rain
last night, the mountain around the spring water was all
washed clean. Suddenly, more maple tree around the
forest turned into red!
沿著紫雲莊後面的小徑,就是湯元溫泉的源頭。經過昨晚雨水的洗禮,整座山頭也被洗刷的一片清新。好像一夜之間,楓葉更加紅艷了! 
R0016773_convert_20131023012755.jpg 

Today(10/22), during the afternoon break, I decided to take a
small walk to visit the home of Yumoto and enjoy the beautiful
maple scene.
今天午後的休息時間,我決定來個小小散步,拜訪湯元溫泉的故鄉和盡情享受 美麗的楓葉景色。

Luckily, the sun was appeared after the lunch time. When walking
down the path and occasionally lifting up the head……… How
amazing! Just like a watercolor plate of autumn.
午飯過後,太陽也悄悄露出頭了,真幸運!
走著走著不經意的抬起頭一看,好一幅令人驚豔的景色!好似秋天的調色盤!

R0016770_convert_20131023012432.jpg 
     


Just about three minutes walking, soon I arrived the source of
Yumoto Onsen. When strolled around it, I can felt the warm air
from the spring water hitting my face.
沿著小徑走,大約3分鐘的時間,就抵達了湯元溫泉的源頭。慢慢踱步在木頭棧板上,感受溫暖的熱氣撲上臉頰。

R0016787_convert_20131023012842.jpg 


The mountain embraced the Yumoto was beautiful, too. Colors
spread upon the tree leafs makes the breathtaking view.
懷抱湯元溫泉的山林,也染上了美麗的顏色,令人無法移開眼!

R0016801_convert_20131023012909_2013102301323688a.jpg 


On the way back to Shiun-so, I also took a small visit to the
Onsenji Temple and crossed the path with Japan stone
lanterns on the two sides.
走回紫雲莊的路上,順道繞到溫泉寺,穿過了兩排石燈籠的寺院小徑。

R0016813_convert_20131023012934.jpg 


Next time, you MUST come to Yumoto and enjoy the beautiful
red-maple season!
你也一定要來湯元溫泉享受紅葉季節!


三宅島レポ

紫雲荘のスタッフリレーブログ、初めての登場になりますスタッフYです!


少し前になりますが、9月の休みの日に三宅島へ行ってきました。

正確に言うと、野生のイルカと泳ぐために野生のイルカが住んでる御蔵島へ行ってきたのですが、イルカの写真は撮ってないので宿泊先として泊まり、散策した三宅島のことを書きます。


ご存知のかたも多いと思いますが、三宅島は2000年に噴火が起こり、全住民が東京へ非難するという事態が発生しました。


三宅島の海岸は溶岩が流れ出してかたまっているので黒い色をしています。

その溶岩の間から草が生えたりしているのですから、自然の命の生命力ってすごいなぁと感心しました。
メガネ岩130912_1057~01


写真は三宅島散策にお勧めの場所でもあるメガネ岩です。画像が大きいままですが、めんどくさいのでこのままでお許し下さい(笑)
130912_1104~01


メガネのような2つの穴があったのですが、1959年の伊勢湾台風で穴の1つが崩れてしまい、現在は穴は1つとなっています。

海水は透明で、10月の今はダイビングが解禁されたので潜ることも可能です。


あ、そうそう、現地の人に聞いたのですが、5年間ほど人が誰も海に入れない期間があったのですが、その間にサザエが巨大化したり伊勢えびが行列したりと人間がいない間に海の生き物はスクスクと成長していたようです。

あ、今は行っても巨大なサザエも伊勢えびの行列も見られませんからね!


最後に帰りのフェリーから撮った太平洋の海に沈む夕日を見て癒されてください。
かめりあ丸からの夕日130912_1736~010001


ではまた♪

秋の白根山

スタッフのFです。10月8日に白根山に登ってきました。紅葉の白根山 001
五色沼周辺の紅葉は一週間ぐらい前に行けば最高だったかもしれません。紅葉の白根山 014
スキー場へ下る登山道の紅葉は見頃でした。紅葉の白根山 020
天気が良かったので、前白根山で富士山を見ることができました。紅葉の白根山 010
次は、富士山に登りたい。社長、長期休暇を僕にください。

紅葉散歩。

スタッフのIです。
先日(10月7日)の午後の休館を利用して、竜頭の滝まで、ハイキングしてきました。
紫雲荘を13時半頃出発し、湯ノ湖を半周し、湯滝までが約30分。そこから戦場ヶ原を抜け、竜頭の滝へ向かいました。
青空の下、爽やかな秋風に吹かれながらの散歩は、とても気持ちよく、偶然(?)、冬毛でモコモコの猿にも出会いました。
結局、15時半過ぎに、竜頭の滝の上に着き、
iiduka 641
さらに、滝の下に向かう間にも、こんな紅葉が目を楽しませてくれました。
iiduka 640
そして、滝の下では、このような景色が!
iiduka 638

湯ノ湖の紅葉には、まだ間に合います。もしかすると、かわいい猿にも会えますし。
ぜひ、遊びにいらしてくださいね。
お急ぎください。お待ちしています。

湯の湖の紅葉

日一日と山々が色づいていきます。
湯の湖畔も色づきが早い木は赤く染まってきました。
秋の始まり 003
今年の紅葉は例年並み~やや早い 感じでしょうか。
台風が来て、葉っぱが無くなったりしないように祈っています。
10月4日現在、竜頭の滝の紅葉が見頃です。
湯の湖はあと1週間先が見頃かな?
秋の始まり 002
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。