スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣り(釣魚趣)

スタッフSです。

7月23日に皆一緒に湯の湖へ釣りに行きました。
初めての釣りなんですけど、とても楽しかったです。
釣りをしながら景色も見える。 気持ちいいと感じていました!

7月23日旅館公休,老闆娘帶著大家到湯之湖去釣魚。
第一次的釣魚體驗很有趣,玩得很開心。
一邊釣魚的同時也能欣賞湯之湖的景色,整個感覺舒暢無比呀!

DSC_1631.jpg

在日本釣魚多半需要付費(有料),湯之湖也不例外唷。
我們是下午才開始的,所以買了午後券。

DSC_1635.jpg

自己學著穿魚餌 (其實一開始很不敢下手,覺得它們好可憐...)

DSC_1639.jpg

釣上魚的那一刻真的是興奮呀!

DSC_1661.jpg

學著達人們擺出有模有樣的pose :D

晚餐不免就是今日的戰利品囉。

DSC_1670.jpg

非常新鮮好吃!おいしいかったで~す!
果然自己釣自己烤來吃的感覺完全大不同,很爽快!
想體驗的朋友可以試試看唷。


スポンサーサイト

奥日光冒険部(田母沢・寂光滝~羽黒滝編)

スタッフO・Gです。

7月18日に田母沢の寂光滝から羽黒滝に行ってきました。
奥日光・冒険部の「日光四十八滝めぐり」第六弾?です。

今回は部長が復活しました

今回は、朝六時半に若子神社の駐車場から出発しました。

092.jpg

この奥の鳥居をくぐり、階段を上がると「若子神社」です。
神社でお参りしてる間も、物凄い水音が聞こえてきます。

093.jpg

神社の階段を下りたところから見ても、滝が太いっ!!

095.jpg

7月18日の「寂光滝」です。
かなりの水量に、この後の冒険に胸躍ります!
「羽黒滝」へは一度駐車場に戻って、田母沢本流に向かいます。

125.jpg

で、少し行くと大きなダムがあります。

126.jpg

ダムの手前で、川を渡る部長!

123.jpg

ダム横の、かなりちゃんとした道を上がっていきます。

121.jpg

そこから川の横を、踏み後をたどり少々歩きます。

102.jpg

途中で出会った、鹿だったであろうもの。
そして、水音が轟音に変わった先に!?

105.jpg

「羽黒滝(その1)」が

103.jpg

近づくと、物凄い迫力!

この後、今回最大の悲劇が・・・
「羽黒滝」は、(その1)の少し上に(その2)があります。

滝の向かって右斜面に巻き道があるという情報をもとに、道を探しました。
で、右斜面によじ登ったO・Gは「トラロープ」を2本発見!
「ここが、道だ!」と確信して、崖上から部長にOKサインを送りました。
さらに上ると、そこには「羽黒滝(その2)」を発見

しかし、上ったすぐ右にしっかりと踏み跡のついた道らしきものを発見!?
踏み跡をたどってみると、しっかりとした安全そうな道がありました・・・

必死の形相で、崖をよじ登ってきた部長に、「ごめ~ん!ちゃんとした道があった!」とお伝えしました。

106.jpg

こちらが、「羽黒滝(その2)」

107.jpg

こちらは、近づいたらビショビショになりました・・・
(部長は、崖のショックで近づかず

122.jpg

比較的安全な道は、ダム横を上がってすぐに川沿いに行かずに山側の踏み跡をたどります。
(これが、山側の道に入ったすぐのところです。)

「羽黒滝(その2)」を見ながら、恒例の弁当をいただきました。
「感動で胸いっぱい!おにぎりで腹いっぱい!」
で、帰りは比較的安全な道をたどり、ダムのところで再び川を渡り帰途につきました。

128.jpg

駐車場へと帰っていく部長の後ろ姿。
とんだ大冒険?をさせてスミマセン部長!

では、次回第7弾で!!





奥日光冒険部(霧降・隠れ三滝編)

スタッフO・Gです。

6月30日に霧降高原の「隠れ三滝」に行ってきました。
奥日光・冒険部の「日光四十八滝めぐり」第五弾?です。

前日のスタッフ食事会の肉料理が老体に効いたらしく、
部長は消化不良と過労でダウンしたため、ひとり部活してきました

朝7時、霧降の滝の駐車場から出発しました。

P6300001.jpg

つつじヶ丘から大山ハイキングコースに入ります。

P6300007.jpg

歩き出して間もなく・・・
最初の丸太橋が崩壊していました・・・
(連日の大雨で霧降川が大増水中でした!!)

川の上流、下流に渡れる場所を探しましたが、濡れず渡れる箇所なしで断念・・・

しかたなくコースを変更して、霧降高原有料道路の「隠れ三滝」のバス停から入るコースで再出発!

P6300043.jpg


少し林道を歩きます。

P6300041.jpg

P6300040.jpg

ここから、「丁字滝(ちょうじ)」 「玉簾滝(たますだれ)」への分岐です。

少し歩くと、まずは「丁字滝」です。

P6300021.jpg

普段より水量が多いので、お見事な迫力です!

で、少し歩いて今度は無事な丸太橋を渡ると・・・

P6300029.jpg

P6300027.jpg


「玉簾」というよりは「日光ナイアガラの滝」みたいになった「玉簾滝」です。
轟音を轟かせて流れ落ちる様は瀑布という感じです。

ド迫力の滝を満喫して、来た道を林道付近まで戻ると、

P6300039.jpg

「マックラ滝」への分岐に行きます。
少し歩いて、もう一度林道に出ると、いよいよ「マックラ滝」です。

P6300031.jpg


が・・・今度も滝の一歩手前で橋が崩壊しているようで・・・

P6300038.jpg

渡れる箇所を探しましたが・・
あきらめて、靴のまま浅瀬を渡ることに

でも、その先に待っていたのは!!!

P6300032.jpg

もの凄い水飛沫をあげる「マックラ滝」が
滝の近くまで行ったら、さらに飛沫でびしょ濡れに・・・
胸いっぱいになりながら、弁当のサンドイッチを頂きました
で、腹いっぱいになって、再び川を渡って帰途につきました!

お土産に「山蛭」を数匹いただいてしまい、格闘する羽目に・・・

今回は「冒険部」初心者コースのはずが、結構な冒険に相成りました。
これにて、今回の活動は報告は終了です!

次回、第六弾をお楽しみに!!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。