FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湯の湖では・・

湯の湖周辺では地元民だけが知っているイベントや行事、奉仕作業が結構たくさんあるんです。
紅葉の時期が終わり旅館業の人々に少し余裕がでてくると、
数々の町の行事が女将を待ち構えています。
まずは、湯滝の落ち口近くにひっそりと祀られているお不動様の縁日。
不動様 004
昔はかなり盛大に行われていたようですが、今年は初雪が降り、強風吹きすさぶ中、
厳かに執り行われました。
最近修験道に興味がある女将としましては、お不動様なので熱心にお参りしてきました。

次に年二回開催される、湯の湖の湖底に繁殖するコカナダモの刈り取り作業です。
この「藻」はあまり育ちすぎると、夏場に腐って見た目の悪い泡を放出するので刈り取らなくてはなりません。
湯の湖は小さな湖なので,湖底まで日光が届くため、光合成しやすいそうです。
004_201411270907491eb.jpg
ボートに乗って刈り取り作業をしていると、観光客の方には地元民総出の漁と間違われます
これ、かなりの重労働なのですよね。
ちなみに「伊藤園」さんが協賛してくれていて、社員の方がボートに乗って作業してくれます。
飲み物も提供してもらっています。ありがとうございます
来シーズンも皆様に喜んでいただける美しい湯の湖でありますように!
005.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今年もお世話になりました

先月にもう1回お世話になる予定でしたが、相方と予定が合わせられなくて残念でした。
湯ノ湖の小カナダ藻はてっきり漁協の方々が管理されているものかと思っていました。フライフィッシングでは適度にあるとありがたい存在ですが、ひと頃のように繁殖し過ぎて湖底で腐敗してしまうと水質が悪化してしまい、寂しいシーズンになってしまいます。
お陰様で今年は楽しいシーズンでした。来シーズンもお世話になりますので、よろしくお願いします。

Re: 今年もお世話になりました

> 先月にもう1回お世話になる予定でしたが、相方と予定が合わせられなくて残念でした。
> 湯ノ湖の小カナダ藻はてっきり漁協の方々が管理されているものかと思っていました。フライフィッシングでは適度にあるとありがたい存在ですが、ひと頃のように繁殖し過ぎて湖底で腐敗してしまうと水質が悪化してしまい、寂しいシーズンになってしまいます。
> お陰様で今年は楽しいシーズンでした。来シーズンもお世話になりますので、よろしくお願いします。

いつも、ありがとうございます。

「藻」の研究をしている筑波大学の研究チームがご宿泊したときに、コカナダモはあまり宜しくないようですが、シャジクモという藻はきれいな水に生息する藻で、これが湯の湖にあるらしいです。
 まだ水がきれいなんだな、と思いつつ、奥日光を愛してくださるお客様のために水質保全に頑張ります!
 今年もありがとうございました。来年も宜しくお願いします。良いお年を!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。